山陰クリエート

沿革

山陰クリエートの会社沿革

1983年 7月 有限会社中国地下サービスとして会社設立 資本金20万円
1984年 2月 産業廃棄物収集運搬業(鳥取県) 許可取得
産業廃棄物処分業 許可取得
1986年 9月 有限会社山陰クリエートに社名変更 資本金300万円に増資
1990年 9月 米子市夜見町に第1工場稼働(発泡スチロール油化処理工場)
発泡スチロール油化還元装置製造・販売部門設立
1991年 3月 資本金3,600万円に増資
発泡スチロール油化還元装置、特許出願する
1992年 5月 東京晴海廃棄物処理展に溶解機改造型出展
1993年 5月 特別管理産業廃棄物収集運搬業(鳥取県) 許可取得
1994年 3月 栃木県宇都宮市役所に納品(中央卸売市場で稼働100Kg/Hr、関東農政局推薦)
1996年 8月
10月
米子市和田町に工場稼働(発泡スチロール油化処理工場)米子市和田町に本社移転
発泡スチロール油化還元装置、特許確定する
1998年 3月

4月
廃プラスチック類のリサイクル製品「エコマウッド」の製造開始(夜見第2工場)
廃プラスチック類、合成樹脂体の製造方法の特許確定する
2000年 石膏ボード破砕機(実験機)導入
2002年
7月
9月
10月
焼却炉にダイオキシン類排出削減対策工事を行う
廃プラスチック類、再生機及びエコマウッド製造ラインを和田工場に新設
和田工場、エコマウッド製造ラインを増設
夜見工場(化成品事業部)を和田工場に移転、工場を統合
2005年 5月
7月
9月
社団法人 全国産業廃棄物連合会より『地方優良事業所表彰』を受ける
中間処理施設に加熱乾燥施設(廃石膏ボードのリサイクル施設)を追加
RPF工場、「破砕圧縮固化施設」として産業廃棄物処分業の許可を得る
2006年 1月

2月
RPF工場、一般廃棄物処理施設の許可を得る
一般廃棄物処分業(米子市)の許可を得る
一般廃棄物収集運搬業(米子市)の許可を得る
2007年 4月
5月
6月
中間処理施設に選別施設(分別工場)を追加
米子市大篠津町に積替え保管施設を設置、許可を得る
名和自家処分場、最終処分場(埋立)として業の許可施設となる
2008年 10月 『発泡スチロール油化』、『エコマウッド』、『RPF製造事業』が3R推進事業として評価され、環境大臣表彰を受ける
2010年 6月 社団法人 全国産業廃棄物連合会より『優良事業所表彰』を受ける
2012年 9月 鳥取県版環境管理システム『TEAS』1種取得
2015年 9月 鳥取県より優良産廃処理業者の認定を受ける

採用情報 廃プラスチックの買取
有限会社リサイクルテクノ 株式会社Gateplastic 有限会社エコシステム
ページトップ
お問い合わせ当サイトについてプライバシーポリシー
山陰クリエート
〒683-0102 鳥取県米子市和田町2162番地1
TEL:0859-25-1121 FAX:0859-25-1660