山陰クリエート

RPF燃料製造事業

RPFリサイクル事業部

RPF燃料製造事業

廃プラ類や古紙類から環境保全型エネルギーを製造

RPFとは

「RPF」とはRefuse Paper & Plastic Fuel の省略であり、産業廃棄物及び一般廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及び廃プラスチック類を原料とした高カロリーの固形燃料です。当社の製造したRPFは、石炭やコークス等、化石燃料の代替燃料として、発電ボイラーに供給しております。

お問い合わせください! 0859-25-1121

 

RPFの特徴

品質が安定
発生履歴が明らかな産廃を主体に選別された一般廃棄物(分別順適合物質相当)を原料としているため、品質が安定している。
 
熱量のコントロールが可能
ボイラー等のスペックに応じ、古紙と廃プラスチックの配合率を変えるだけで容易に熱量変更可能。
 
高カロリー
原料として廃プラスチックを使用しているため熱量が高く、石炭及びコークス並みで化石燃料代替えとして使用可能。
 
ハンドリング性が良い
RPFは固形で密度がたかいため、コークス、粉炭等と同等の利便性を持ち、貯蔵性にも優れている。
 
環境にやさしい
総合エネルギー効率の向上と化石燃料削減によりCO2削減など地球温暖化防止に寄与。
 
他燃料に比較して経済性がある
現状で石炭の1/4~1/3という低価格。化石燃料や将来負担するであろう排出権購入の費用削減。灰化率が石炭に比べ1/2以下となる為、灰処理費が削減可能。
 
 

採用情報 廃プラスチックの買取
有限会社リサイクルテクノ 株式会社Gateplastic 有限会社エコシステム
ページトップ
お問い合わせ当サイトについてプライバシーポリシー
山陰クリエート
〒683-0102 鳥取県米子市和田町2162番地1
TEL:0859-25-1121 FAX:0859-25-1660